パンくずリスト
  • ホーム
  • 女優
  • 大島優子の年収は億超え?ギャラ内訳は?〇〇との比較も話題!

大島優子の年収は億超え?ギャラ内訳は?〇〇との比較も話題!

大島優子の年収は億超え?ギャラ内訳は?〇〇との比較も話題!

大島優子さんといえば、元AKB48でセンターを務め、女優としても活躍されていますが、年収やギャラの詳細が気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、大島優子さんの年収、ギャラ内訳を確認しつつ、AKB卒業後も大活躍中の指原莉乃さんとの年収比較、個人事務所設立の真相などまとめたので確認していきましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

目次

閉じる

大島優子の年収は億超え?

 

この投稿をInstagramで見る

Yuko Oshima(@yuk00shima)がシェアした投稿

 

大島優子さんは、1996年から子役として芸能活動を開始すると、2006年の“第二期AKB48追加メンバーオーディション”に合格してアイドル活動を本格的にスタート。

 

その後、AKB48の中心メンバーとして活動すると、卒業以降も女優としてドラマや映画を中心に大活躍されていますが、いったいどれくらいの年収を稼がれているのでしょうか。

 

結論から言うと、当然のことながら公言されているわけではないため、ハッキリとした金額を知る術はありませんが、過去の活動状況から最高で推定2億円前後の年収はあったのではないかと言われています。

 

AKB48時代の活躍はさることながら、ドラマや映画、CMなどで幅広く活躍されていることを考えると、上記金額くらいの年収は稼がれていそうですね。

 

ちなみに、今は億超えではないという声もよく見かけるよ!

 

給料制か歩合制によって大きく変わると思うけど、一般的な人達からすれば破格の年収であることは間違いないだろうね!

 

続いて、大島優子さんの年収のギャラ内訳についても確認していきましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

大島優子の年収のギャラ内訳は?

 

この投稿をInstagramで見る

Yuko Oshima(@yuk00shima)がシェアした投稿

 

大島優子さんの年収は、最大で2億円近くあったのではないかと予想されているわけですが、それぞれのお仕事のギャラの内訳が気になるという人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、大島優子さんの主戦場であるドラマや映画、CM出演のギャラの詳細について調査してみたので見ていきましょう。

 

AKB時代からの絶対的な知名度もあるし、CMのギャラとかすごそうだね!

 

ドラマ・映画のギャラ

 

大島優子さんの近年の活動状況を確認してみたところ、年間2~5本くらいのペースでドラマや映画に出演されているようです。

 

大島優子さんと同年代の女優さんのギャラ事情を調査してみたところ、人気度や事務所によって異なるものの、主演を務めると1本あたり平均80~200万円くらいのギャラを貰っているようです。(もっと破格な金額の人もいるよ)

 

大島優子さんの場合、主演より主要キャストの1人としての出演の方が多いので、上述した金額よりは少し落ちると考えられますね。

 

ただ、子役時代から活動しているキャリアがある分、もしかしたら、その辺を考慮して跳ね上がってる分がある可能性も無きにしも非ずですが。

 

ギャラのことを抜きに考えると、演技も悪くないし、よほどのスキャンダルなどがなければ、今後も息の長い女優さんとして活躍しそうだね(*^-^*)

 

CMのギャラ

 

大島優子さんは、過去に最大8社と契約するなどCM出演もコンスタントにこなしていますが、どれほどのギャラが発生していたのでしょうか。

 

結論としては、人気写真週刊誌“FLASH”が調査したCMギャラランキングによると、大島優子さんのCMギャラは30歳を超えた時点で1300万円でした。

 

ちなみに、AKB時代と卒業直後は3000万円~3500万円、この調査の前年度が1800万円だったと言われているので、年を重ねるごとにギャラも減額となってしまっているようです。

 

ただ、今後の活躍次第で再び跳ね上がる可能性もあるので、色んなジャンルでの大活躍に期待ですね。

 

続いて、大島優子さんの比較対象としてよく名前が浮上する指原莉乃さんの年収事情も確認していきましょう。

 

 

大島優子と指原莉乃の年収比較!

 

大島優子と指原莉乃の年収比較!

 

AKB48の初期の頃は、前田敦子さんと大島優子さんが各2回ずつ総選挙1位を獲得するなど2強のイメージが強かったですが、指原莉乃さんはその上をいく4度の総選挙1位を獲得した“フォー・タイムス・チャンピオン”なんですね。

 

そんなこともあり、何かと比較対象として浮上するわけですが、指原莉乃さんの年収事情を調査してみると、具体的な数字はわからないものの様々な説が出てきます。

 

5億、6億、10億以上など、ぶっ飛んだ数字まで出てくるわけですが、指原莉乃さんの活躍を見ていると意外にあり得るかも…と思っちゃうんですよねw

 

ちなみに、峯岸みなみさんのAKB卒業コンサートに駆けつけると、寸劇の中で“年収5億でしょ?”という振りに対して“違うよ!6億だよ!”と見事な返しで笑いを取っていました。

 

指原莉乃さんといえば、番組MC、CM出演などタレント業も順調にこなす一方、アイドルプロデュース、カラコンブランド“TOPARDS”の立ち上げなど、実業家としての活動もバリバリこなしています。

 

そういった背景を考えると、少なくとも億超えであることは間違いないでしょうし、大島優子さんと比較すると、おそらく同額以上の年収は稼いでいるでしょうね。

 

プロデュース業とか当たったらすごいし、カラコンも需要高まってるからいいところに目をつけたなって思うよね(*^-^*)

 

 

 

前田敦子の年収とも比較

 

大島優子と前田敦子の年収比較

 

元AKB48といえば、大島優子さん、指原莉乃さんの前に絶対的エースだった前田敦子さんも外せないということで、前田敦子さんの年収についても調査してみました。

 

すると、AKB48時代の全盛期の頃の推定年収が4000万円だったと言われており、事務所に搾取されていた分も合わせた総額だと3億円ほど稼いでいたんじゃないかと噂されています。

 

実際に前田敦子さんが活躍していた頃のAKB48の人気っぷりを考えると、普段の仕事に加えてグッズ売り上げなども相当なものだったと思われるので、3億円稼いでいたと言われても納得できますね。

 

その一方、AKB48を卒業された直後は女優として活躍されていましたが、全盛期ほどの勢いはなく、年収も億超えに至っていないようです。

 

以上、大島優子さん、指原莉乃さん、前田敦子さんの元AKB48エースの現在の年収比較としては、MCや実業家としての活躍も目まぐるしい指原莉乃さんに軍配が上がりそうですね(*^-^*)

 

続いて、大島優子さんが個人事務所設立していた件について話題になっていたようなので確認していきましょう。

 

 

大島優子が個人事務所設立で節税対策?

 

この投稿をInstagramで見る

Yuko Oshima(@yuk00shima)がシェアした投稿

 

大島優子さんの所属事務所といえば、AKB48に所属している頃から“太田プロダクション”ですが、卒業する2年前の2012年10月に会社を設立していた事実が明らかになっていたとのこと。

 

個人事務所を設立した事実が発覚した原因について調査してみたところ、以下のような出来事があったそうです。

 

「今年1月、銀座のアパレル店に背の小さな女性が買い物に来ていました。数点の服を購入した際、『領収書の宛名は、株式会社ビッグアイランドでお願いします』と頼まれたんです。その時に名字を英語に変えていただけだったので、大島さんということに気がつきました」(アパレル店関係者)

引用元:デイリーニュースオンライン

 

気づいて即リークする店員さんもどうかと思うところですが…どちらにしても会社名がわかりやすすぎでしたね(^^;)

 

ちなみに、ネット上の声を見ていると“そんなに税金払いたくないのか…”といったネガティブコメントも目立っていましたが、たしか芸能人って個人事業主扱いだったはず。

 

そうなると、大島優子さんクラスの年収にもなってくれば税金の金額もとんでもない数字になるわけですし、節税できるならするに越したことはないというところでしょう。

 

芸能人が隠れて会社設立する場合は、屋号のネーミングも慎重にした方がいいという事例になったねw

 

大島優子の年収事情まとめ

 

大島優子さんの年収やギャラの内訳、指原莉乃さんとの収入比較や個人事務所設立の真相についてご紹介しました。

 

大島優子さんのAKB時代の活躍から考えると、現在の年収、ギャラ事情は少し見劣りする部分もあるかもしれませんが、それでも節税を意識するくらいですから相当な額はもらっていることは間違いなさそうですね。

 

今後も女優業をメインに活動されていくと思われますので、素敵な作品をたくさんお届けしてくれることに期待しておきましょう(*^-^*)

 

\この記事をSNSでシェアする/
関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


トラックバック
トラックバックURL